白内障手術のご案内

白内障手術も病院・術者を選ぶ時代です。

白内障は地域の開業医院でも手術できますが、実際のところは執刀医の技量が大きく結果を左右します。都内で問題になったレーシック事件に代表されるように、設備の不完全な医院や未熟な医師に手術をされると、白内障といえど後遺症が残ったり、最悪失明するケースもあり、取り返しのつかないことになりかねないのが事実です。

そのため、湘南台はた眼科では手術については一流の施設で「湘南台はた眼科」が信頼できる執刀医が行う方針をとっております(下記施設)。
*お近くの病院での手術をご希望の場合も、もちろん近医へ紹介可能です。

白内障手術施設および執刀医

doctorhata

横浜スカイビル眼科(年中無休/夜8時まで/横浜駅直結)

秦 淳也院長のいとこである秦 誠一郎医師が院長を務め、設備・医師の技術ともに国内トップレベルを誇る日本屈指の規模の眼科医院です。

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の「先進医療施設」として、厚生労働省より認定されております。横浜駅直結のため利便性も抜群です。

神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル9F 
045-461-1675

doctorhata

院長 秦 誠一郎(はた せいいちろう)

白内障手術において日本のトップサージャンの一人(秦 淳也理事長のいとこ)。東京歯科大学非常勤医師(兼任)

スカイビル眼科での白内障手術の流れはこちら

doctormurata

国立横浜医療センター 眼科 

神奈川県横浜市戸塚区原宿3-60-2
045-851-2621

医長 秦 桂子(はた けいこ)

国立横浜医療センターの眼科医長として、日々多くの患者様の眼の手術を執刀しております。(秦 淳也理事長の妹)

国立横浜医療センター 眼科の詳細はこちら