初めての方へ

湘南台はた眼科医院の理念と診療方針

小児眼科(斜視弱視)の診察風景
こんにちは、湘南台はた眼科理事長の眼科専門医 秦 淳也 です。

私の家系は江戸時代から眼科の医師で、私で第12代目です。昔は眼科医院といえば、地域に1つあるかどうかでしたが、今では日本全国のほとんどの街に、いくつも眼科クリニックがある時代になりました。

しかし、「斜視」や「弱視」など、「小児眼科」の分野では、医師が親御様に納得できるような説明をできる施設は不足しています。「眼科はたくさんあるけれど、どこの病院を受診していいかわからない」と感じている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

また、白内障の手術も、家のすぐ近くで受けられる時代です。しかしそんな時代だからこそ、「どんな先生が手術をするのか? 先生の腕はどのくらいのレベルなのか?」が気になることも多いのではないでしょうか? 「眼科がたくさんあるならば、その中でも一流の腕を持った医師に手術をしてもらいたい」と考える方が多くなってきていると感じます。

私は、大学病院の医局時代から、一般診療だけでなく、白内障をはじめ網膜剥離などいろいろな手術を執刀してきました。そして、これまでの医師人生を通じて、「患者様を単に診療してありきたりな治療をするのではなく、患者様が何を求めているか常に考え、それにしっかりと応える医療を提供していくことが自分の使命なんだ」と考えるようになりました。

そこで、私たち「湘南台はた眼科医院」は、

私たちではなくてはできない治療

私たちにしかできないサービス

をめざし、他にはないオンリーワンの医院を目指し、患者様が心打たれるような医療をご提供できるよう努めます。そのために、私たちスタッフは、互いを高めあう気持ちを忘れません。そして医療サービスの技能を磨くことで自身も成長し、その喜びを感じられるよう努めて参ります。

初めて受診される方は、ご来院時、以下をお持ちください

保険証

医療証(おありの方)

現在ご使用の眼鏡、コンタクトレンズ(おありの方)

紹介状(おありの方)

糖尿病の場合、内科の血液検査でのヘモグロビンA1c・血糖値の結果(おありの方)

おくすり手帳(おありの方)

診察の流れ

※以下は一般的な流れです。結膜炎や赤ちゃんの場合など検査をせず診察させていただく場合もあり、必ずしも以下の通りに進むとは限りませんのでご了承ください。

1 受付:まずは受付へお越しください。

初めての方は、そのことをスタッフに伝え、保険証(おありの場合、医療証も)お出しください。おくすり手帳や他院からの紹介状をお持ちでしたら、一緒にお出しください。

2 問診票を記入していただきます。

※>※HPからダウンロードした問診票をお持ち頂いた方は必要ありませんので、それをお出しください。
受付で問診票をお渡ししますので、待合の椅子にお座りいただき、必要事項をご記入ください。お書き頂いた内容は診察の参考にいたしますので、誤りなくご記入願います。
ご記入が終わりましたら、受付にお出しください。

3 検査の順番が来るまで、待合の椅子でお待ちください。

この時までに、保険証(おありの場合、医療証も)をお返しします。
ここからの検査は、原則的には症状の種類によらず行います(*明らかに不必要な場合は施行しないこともあります)。患者様の目の全体象を把握して、診療に役立てます。

4 屈折の検査

屈折検査は、近視や遠視、乱視の強さを他覚的に測定するものです。オートレフケラトメーターという器械を用います。

5 眼圧の検査

眼圧検査では、目に空気を吹き付けて、眼圧(目の硬さ)を測ります。
眼圧の高いかどうかで、緑内障などを調べることができます。

6 視力の測定

屈折の検査のデータを参考に、視力を測定します。
メガネをお持ちの方は、メガネをかけた状態での視力も測定しますので、このときに検査員にメガネをお渡しください。

7 眼底のカメラ撮影

眼底撮影は、瞳孔の奥にある眼底(網膜)を調べる検査です。目の中は暗いため、フラッシュを当てて撮影します。
撮影はレントゲンなどのⅩ線ではなく体に害はないので心配ありません。
そしてデータをもとに、再度、診察を行います。網膜剥離や眼底の出血が見つかることがあります。

8 眼科医師が病状などを確認させていただいた後、細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)を用いて診察します。

この検査は、主に前眼部(目の表面)を拡大して見るもので、片目だけの症状であっても必ず両目を診察します。
最後に、医師より病状についての説明や治療の計画、次回受診日について説明があります。

9 お会計

診察後は待合室の椅子で、お呼びするまでお待ちになってください。
お名前をお呼びしましたら受付にお越しください。お薬が処方された時は、処方箋をお渡しします。(院外処方になりますので、調剤薬局でご購入ください)
会計後、次回の予約をおとりになってお帰りください。